保育士を長く続けるために必要な仕事のコツ

保育士ライフプランを考える

  • 保育士として長く働くことが出来ない問題点をどのようにクリアしていくのか、これが長く働くコツになると思います。もしも結婚や出産を考えているという場合には、私立保育園などよりも公立保育園の方が産休制度など福利厚生がしっかりしているところに勤めると理想的です。

    また体力面や家族に負担無く無理なく働くということを考えれば、パートやアルバイトなどの選択肢があることも頭に入れておきます。お子さんが小さいうちは家事育児に忙しい時期なのでパート、アルバイト、派遣などの働き方を選択し、自分が自由になる時間が多くなってきたら正社員登用を探すということでもいいと思います。

    給料面については保育園によって違いがありますので、募集の際に給料を確認しておくことも重要な事です。独身で今暮らしている地域から移動できる場合でお給料面を考えるのなら、地方、田舎よりも都市部の方がよりお給料も高い傾向にあります。

    保育士として長く働くということを目標とするのなら、自分のライフスタイルを考慮し、未来を見据えてどのように働いていくべきなのか、「無理をしないプラン」を考えていくべきだと思います。また人間関係などに支障があるという時には、心のバランスを崩し保育士として二度と働きたくないという状態に陥る前に、退職し転職を考えることも必要でしょう。